catch-img

海外店舗マネジメントのポイント4選|よくある課題やツールの選び方も解説

海外での店舗展開には、日本国内とは異なるさまざまな課題が待ち受けています。海外での店舗マネジメントを成功させるには、よくある課題を把握したうえでポイントを押さえ、デジタルツールなどをうまく活用して取り組むことが大切です。

本記事では、海外店舗マネジメントのポイントとよくある課題、有効なマネジメントツールの選び方を解説します。海外での店舗経営に取り組んでいる方、これから取り組もうとしている方はぜひ参考にしてみてください。   

目次[非表示]

  1. 1.海外店舗マネジメントのよくある課題
  2. 2.海外店舗マネジメントのポイント4選
  3. 3.海外店舗マネジメントに役立つツールとは
  4. 4.まとめ

海外店舗マネジメントのよくある課題

まず、海外での店舗マネジメントによくある課題として、以下の3点を見ていきましょう。

  • 海外店舗の実態が見えにくい
  • 国内のサービス品質を再現できない
  • 組織やコストのマネジメントが難しい

それぞれ詳しく解説します。

海外店舗の実態が見えにくい

一定の頻度で訪問可能で、コミュニケーションもとりやすい日本国内の店舗と違い、海外店舗の実態は見えにくいという点が挙げられます。売上や利益といった数値で可視化できる部分はよいものの、「教育が行き届いているのか」「商品やサービスのクオリティを保てているのか」といった定性的な部分は現場に行かなければ把握するのは難しいでしょう。

また、従業員教育においても、現地の文化や言語に合わせたコンテンツの再作成が必要となり、日本国内と同レベルのサポートを実現するのは簡単ではありません。

国内のサービス品質を再現できない

海外店舗で商品・サービスを提供するにあたり、国内と同水準の品質を再現するのが難しいというのもよくある課題の1つです。

外国人スタッフに対して無形の「サービス」「おもてなし」について伝達したり浸透させたりするのは簡単ではありません。クオリティの高い商品やサービスを提供したくても、従業員のレベルがなかなか上がらず、苦戦する企業は多いでしょう。また、日本での成功事例を現地にそのまま適用しようとしたものの、現地の文化や習慣と合わず、期待通りの成果が出ないというケースもあります。

組織やコストのマネジメントが難しい

海外店舗では、日本国内の店舗と比較して組織やコストのマネジメントも難しくなる傾向にあります。例えば、従業員が頻繁に入れ替わったり、現地のコスト計算が誤っていたりするなど、予期せぬ事態によって経営の見直しが必要になるといったケースが挙げられます。本部が必要なデータを現地スタッフがうまく理解できておらず、誤った数値が送られてくることもあるでしょう。データの精査に時間がかかった結果、改善のアクションになかなかつなげられないという状態が想定されます。 

海外店舗マネジメントのポイント4選

海外店舗マネジメントを成功させるためには、以下4つのポイントを押さえておくことが重要です。

  • 現場の状況を可視化する
  • 従業員教育を工夫する
  • 従業員の離職率を下げる
  • 現場目線でシステムを構築する

各ポイントについて詳しく見ていきましょう。

現場の状況を可視化する

海外の店舗に対して頻繁に臨店するのは現実的ではありませんが、リアルタイムに状況を把握しておくことは重要です。定性的な報告を受けるだけでは、価値観の違いによって認識にズレが生じることがあります。そのため、数値ベースでリアルタイムな状況を把握できるシステムの導入が理想です。

ただし、売上や利益といったもともと数値化されている指標を見るだけでは十分ではありません。従業員のスキルや顧客満足度といった指標も可視化するための仕組みを導入し、ダッシュボード上に表示することでタイムリーな経営改善が可能となります。そのためには、従業員スキルを統一の指標で可視化したり、顧客満足度を継続的に計測したりといった取り組みも重要になります。

従業員教育を工夫する

海外での店舗マネジメントでは、従業員教育にも工夫が求められます。言語や文化が異なるため、同じ日本人同士での教育よりも難易度は上がるでしょう。例えば、視覚要素をうまく絡めることで、テキストでの説明よりも従業員の理解度は高まるでしょう。動画マニュアルなど映像で学べるコンテンツを用意し、いつでもアクセスできる状態にしておけば、現地でも日本と同等レベルの教育が可能になります。

従業員の離職率を下げる

自社の理念や接客方法をマスターした従業員が抜けてしまえば、新たな人員の採用や教育にコストがかかることとなり、経営環境を悪化させます。そのため、海外店舗のマネジメントを安定させるためには、従業員の離職率を下げることが重要だといえるでしょう。

従業員の定着率を高めるためには、モチベーションが高い状態で継続的に働いてもらえるような仕組みを構築する必要があります。例えば、スキルや貢献度の評価基準を明確にし、処遇に適切に反映することで、スキルアップに向けたモチベーションは高まるはずです。「適切に評価してもらえている」と感じる従業員が増えれば、自然と離職率も下がるでしょう。

現場目線でシステムを構築する

海外店舗をマネジメントするうえでは、システムやツールによって現地の状況が把握できる仕組みを構築することが大切です。ただし、本部目線で管理しやすいシステムを導入するのではなく、現場でローカルスタッフがデータを確認し、改善を進められるようなシステムを導入する必要があります。

本部と現場が同じ指標を見ている状態で、現場がそのまま改善のアクションにつなげられるようなダッシュボードであれば、コミュニケーションに無駄な工数を割くことなく、スピーディーな経営改善が可能になるでしょう。例えば、現地からも日本国内や他国の店舗のデータに簡単にアクセスできれば、相対的に自店舗の強み・弱みを把握でき、改善ポイントを洗い出せます。

海外店舗マネジメントに役立つツールとは

海外店舗マネジメントを効率的・効果的に行うには、デジタルツールの活用が欠かせません。現場が使いやすく、かつ統一の指標で集約されたダッシュボードがあれば、本部と現場が同じ目線で改善に取り組めます。また、動画形式で共有できるプラットフォームがあれば、テキストでの説明に労力をかけることなく、視覚的に情報を共有できます。

動画型実行マネジメントシステムの「ABILI Clip」は、店舗教育や遠隔VMD、店舗とのコミュニケーション、無形のサービス・オペレーションの伝達に活用いただけます。動画配信による視覚要素を用いた教育はもちろん、遠隔VMD(Visual Merchandising Display)による店舗改善、店舗との密なコミュニケーションなどが可能な多拠点マネジメントに特化したツールです。遠隔地からでもリアルタイムに店舗のレイアウトやディスプレイを指示できるため、臨店回数を抑えながら効果的にマネジメントできます。また、生成AIによる自動字幕の付与により、1クリックでの英語翻訳が可能です。一部マニュアルに関しては、日本のマニュアルを転用し効率的に教育を行うことも可能になるでしょう。

また、多拠点ビジネス特化型ダッシュボードの「ABILI Board」も合わせて導入することで、店舗の予実管理や人員管理の精度・効率も向上させることが可能です。必要なデータをダッシュボード上にまとめることで、本部と現場の認識を統一し、迅速なアクションにつなげられます。

まとめ

本記事では、海外店舗マネジメントのポイントとよくある課題、有効なマネジメントツールの選び方を解説しました。海外店舗マネジメントには、実態の見えにくさや商品・サービス品質の担保の難しさといった課題があります。これらの課題を克服するためには、デジタルツールの活用は必須ともいえるでしょう。

海外店舗マネジメントを成功させたいとお考えの方は、動画型実行マネジメントシステム「ABILI Clip」や多拠点ビジネス特化型ダッシュボード「ABILI Board」の導入をぜひご検討ください。遠隔地からでもタイムリーな現場改善が可能となり、売上・利益の拡大につなげられるはずです。ご興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。


サービス詳細や導入事例はこちら
お問い合わせはこちら

人気記事ランキング

タグ一覧

プライバシーマーク
ClipLineは「プライバシーマーク」
使用許諾業者として認定されています。