catch-img

アルバイトを早期戦力化するうえでの課題とは|実現方法もあわせて解説

アルバイトの教育に力を入れていても、なかなか安心して対応を任せられる人材が育たないという現場は多いでしょう。アルバイトが戦力化するまでに時間がかかれば、そのぶん店舗責任者の負担は増えてしまいます。また、時間を割いて教育すれば早期戦力化は可能なものの、ひとりひとりのスタッフに対応する時間がないという現場も多いはずです。

本記事では、アルバイトの早期戦力化についてよくある課題と実現方法を解説します。組織としてアルバイトの教育レベルを上げるためには、仕組み化が不可欠です。アルバイトの早期戦力化を実現したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次[非表示]

  1. 1.アルバイトを早期戦力化するうえでの課題とは
  2. 2.アルバイトの早期戦力化を実現する方法
  3. 3.アルバイトを早期戦力化する方法まとめ
  4. 4.ABILI Voice 詳しくはこちら

アルバイトを早期戦力化するうえでの課題とは

アルバイトの早期戦力化が難しい要因としては、以下3つの課題が挙げられます。

  • 研修体制が整っていない
  • モチベーションを高める仕組みがない
  • フィードバックがもらえない

これらの課題をクリアしなければ、アルバイトの戦力化には時間がかかってしまうでしょう。

研修体制が整っていない

1つ目は、アルバイトを教育するための研修体制が整っていないという問題です。アルバイトの教育においては、機器の操作など簡単なマニュアルしかなく、そのほかの研修機会などは用意されていないという職場がほとんどでしょう。

業務を通じて教育するOJT(On the Job Training)においても、指導役のアルバイトスタッフによって教育の質がバラついてしまうケースが少なくありません。また、教えるスタッフ自身が適切でない対応をしていた場合、それが引き継がれてしまうリスクもあります。

質が高く、バラつきのない教育を実施するためには、研修体制の整備が不可欠です。

モチベーションを高める仕組みがない

アルバイトを早期戦力化するには、スタッフ自身に「スキルを高めたい」「早く業務を1人でこなせるようになりたい」と感じさせることが大切です。どれだけ店舗側が研修プログラムを整備しても、本人に学ぶ意欲がなければ習得効率は悪くなります。

多くのアルバイトスタッフにとって、働く目的は給与を得ることです。時給制である以上、同じ時間働くのであればラクをしたいと考えてしまうものでしょう。自らスキルや知識を身につけようと考えさせるには、モチベーションを高める仕組みが不可欠です。

例えば、スキルアップが時給に反映されたり、スキルの習得がお客様満足度の向上につながり、喜びの声として返ってきたりすれば、やりがいやモチベーションにつながります。

フィードバックがもらえない

スキルを習得しようと努力していても、適切なフィードバックがもらえなければ良し悪しがわからず、改善が難しくなります。

例えば、接客業務におけるクレーム対応や、調理場における食品の盛り付けなど、店長やスタッフ、お客様から特に指摘がなければ、対応を改めようとは思わないでしょう。よりよい対応方法や改善すべきポイントがあったとしても、フィードバックがなければ本人は気づきません。

フィードバックが難しい理由としては、店舗責任者がフォローしきれていなかったり、気づいていても教える時間がなかったりといった要因が挙げられます。適切なフィードバックがもらえなければ、アルバイトスタッフの成長は止まってしまい、早期戦力化は難しくなります。

アルバイトの早期戦力化を実現する方法

アルバイト教育のよくある課題を踏まえ、早期戦力化を実現するには以下4つのポイントが大切です。

  • 研修の質を上げる
  • 能動的に学べる仕組みを作る
  • 実践レベルにまで高める
  • スキルアップが評価される仕組みを作る

研修の質を上げる

アルバイトの早期戦力化を実現するには、研修の質を上げる必要があります。複数店舗を運営している場合は、教育のレベルや方法を統一することも大切です。教育担当者によって教え方にバラつきがあれば、習得度合いにも差が出てしまいます。

しかし、文章ベースのマニュアルや先輩スタッフによる口頭での説明だけで、教育レベルの底上げを図るのは困難だといえるでしょう。例えば、動画配信ツールなどを使って手本となる動画を配信し、それを見て実践させる形をとれば、質が高くバラつきのない学習環境を提供できます。動画配信であれば店舗責任者や先輩スタッフの手を煩わせることもないため、教育にかかる現場の負担も軽減されます。

大手ドーナツチェーンの「クリスピー・クリーム・ドーナツジャパン株式会社」では、新商品「ブリュレグレーズド」の導入にあたり、動画型実行支援システム「ABILI Clip」を活用しました。これまでにない「火であぶる」という工程について、具体的な器具の使い方や安全上の注意などを動画で配信したことで、全店舗で質の高い教育が実現できました。また、アルバイトが各自動画を閲覧すればよいため、教育の負担も大きく軽減されています。

能動的に学べる仕組みを作る

アルバイトスタッフがスキルを身につけようと思った際、能動的に学べる仕組みがあるかどうかも重要です。リーダーや店長に教えてもらおうとしても、なかなか時間を取ってもらえないというケースは多いからです。また、クレーム対応など実践の機会が少ないものは、業務を通じて学ぶOJT(On the Job Training)の機会も少なく、身につきにくいでしょう。

身につけるべきスキルをジャンル別に整理しておき、自ら能動的に学べるよう研修体制を整えておけば、アルバイトスタッフの学習意欲がムダになりません。ここでも、動画配信ツールなどを使って映像で研修を受けられるようにしておけば、空いた時間で自発的に学習できるうえ、視覚情報によって深い理解が可能になります。

実践レベルにまで高める

アルバイトを早期戦力化するためには、映像や先輩スタッフの対応を見せるだけでは十分ではありません。実際に自分で対応し、フィードバックを受けることでスキルが身につきます。そのため、研修プログラムを検討する際は「いかに実践レベルにまで高めるか」を考慮しておく必要があります。

先述の「クリスピー・クリーム・ドーナツジャパン株式会社」の例では、新商品の調理法を学んだあと、実践した様子を動画で投稿するという方法をとりました。チェーン本部は各店舗から投稿された動画を確認し、担当者がフィードバックします。従業員に実践させたうえで、改善に向けた的確なフィードバックが受けられるため、実践レベルにまでスキルを高めることが可能となっています。

スキルアップが評価される仕組みを作る

自発的に学べる環境を用意しても、スキルアップが成果や評価につながらなければ、自ら学ぼうとするアルバイトスタッフは少ないでしょう。

「研修を終えてスキルアップが認められれば時給に反映される」「対応を改善したことでお客様満足度が上がり、喜びの声が届く」といった努力が評価される仕組みを構築することで、「さらにスキルを向上させたい」というモチベーションが湧くようになります。

スキルアップを客観的に判断するのは簡単ではありませんが、先述の動画配信・投稿機能による研修プログラムと組み合わせれば、クリアな判断が可能になるでしょう。

また、Webアンケートツールを使えば、お客様の反応を即座にアルバイトスタッフまで届けることが可能です。例えば、接客スキルが向上した結果、「気の利いた接客でした」などといった声が複数届けば、さらに対応を改善しようという意欲につながります。

ペッパーランチを運営する株式会社ホットパレットでは、アンケートツール「ABILI Voice」を導入し、お客様の声が即座に店舗スタッフまでフィードバックされる仕組みを構築しました。実際に収集したアンケートでは、回答結果の96%がお褒めの言葉となっており、アルバイトスタッフのモチベーションアップにつながっています。

アルバイトを早期戦力化する方法まとめ

本記事では、アルバイトを早期戦力化するうえでのよくある課題と実現方法を解説しました。アルバイトの早期戦力化には、自発的に学べる環境と実践レベルまで高めるためのフォロー体制が欠かせません。しかし、日々のオペレーションに追われる現場で、丁寧な教育を実施するのは現実的ではないでしょう。

動画配信ツールなどをうまく取り入れ、教育にかかる現場の手間を軽減しながら、質も高めるといった工夫が必要になります。動画型実行支援システム「ABILI Clip」なら、動画配信という形式をとることで、店長や先輩スタッフの手を煩わせることなく質の高い教育環境を構築できます。また、実演した様子を投稿させることでスキルを実践レベルにまで高めることも可能です。

ABILI Clipを活用すれば、以下のような現場改善が可能になります。

  • 重点施策の実行率最大化・バラつき改善による業績改善
  • ミドルの負担が最も下がる人材即戦力化・OJTプログラム
  • リモート臨店によるQSC改善
  • 顧客満足度・顧客体験向上による売上アップ
  • 集まらずにリモートでできる「集合研修」
  • 従業員満足度向上・離職率削減による業績改善
  • SV・マネージャー業務のデジタルによるコスト構造改革

詳細については以下ページをご覧ください。

≫ 多店舗マネジメントをデジタル化するサービス「ABILI Clip」とは

ABILI Voice 詳しくはこちら

ABILI Voiceの機能や特徴・具体的なご利用方法などをご紹介しています。
下記に当てはまる方は、下記のフォームより資料をダウンロードください。

・詳しい機能や実現できることを知りたい
・詳しい料金体系を知りたい
・他のツールとの違いを知りたい
・社内で検討に上げたい

  ABILI Voiceサービス概要資料 ダウンロード | ABILI 顧客満足度調査・アンケートツール「ABILI Voice」の機能や特長・具体的なご利用方法などをご紹介しています。資料をご覧になりご不明点がございましたらお気軽にお申し付けください。 ABILI(アビリ) |多拠点ビジネスの潜在力を引き出す。


人気記事ランキング

タグ一覧

プライバシーマーク
ClipLineは「プライバシーマーク」
使用許諾業者として認定されています。