catch-img

成果につながる店舗コンサルティング選びのポイント|落とし穴・注意点も解説

人口減少なども相まって競争環境が激化するなか、店舗ビジネスの成功には専門家の助言や支援が不可欠だといえます。しかし、店舗コンサルティングを依頼する際には、適切な選び方をしなければ「高額な費用を支払ったのに改善策の実行になかなかつながらない」「机上の空論に過ぎないアウトプット・戦略が生まれてしまう」といったことになりかねません。

本記事では、店舗コンサルティング選びのポイントと、依頼時の落とし穴・注意点について解説します。店舗コンサルティングの依頼を検討している方は、是非参考にしてみてください。   

目次[非表示]

  1. 1.店舗コンサルティング選びのポイント
  2. 2.店舗コンサルティングの落とし穴・注意点
  3. 3.店舗コンサルティングなら「Chain Consulting×ABILI」
  4. 4.まとめ

店舗コンサルティング選びのポイント

店舗コンサルティングを選ぶ際には、以下4つのポイントを精査しましょう。

  • 専門性と経験
  • 提供サービス
  • コストと効果
  • 信頼性と実績

各ポイントの重要性について解説します。

専門性と経験

コンサルタントの専門性と経験は、とくに重要な項目です。店舗が属する業界や特定の業態に精通したコンサルタントを選ぶことで、具体的かつ実践的なアドバイスを得られます。例えば、飲食業界に詳しいコンサルタントに飲食店の経営を相談すれば、業界特有の課題やトレンドを理解しているため、より具体的な改善策を提案してもらえるでしょう。逆に、どれだけ成果を収めているコンサルタントであっても、業界知識がなければ的外れなアドバイスをしてしまう可能性があります。

自社のビジネスモデルや市場に詳しいコンサルタントを選ぶことが、成功への近道です。

提供サービス

コンサルタントが提供する具体的なサービス内容を確認することも大切です。必要な支援やサポートが提供されるかどうかを事前に確認し、自社のニーズに合ったサービスを選ぶべきだからです。例えば、戦略策定やマーケティング支援、オペレーション改善など、どのような支援が含まれているかを具体的に確認しましょう。とくに、戦略策定後の実行部分まで支援してくれるかどうかはよく確認しておく必要があります。実行支援がない場合、机上の空論のような戦略ができてしまうリスクがあります。

コストと効果

コンサルティングのコストと期待される効果を見極めることも大切です。予算内で最適なサービスを選ぶために、費用対効果を慎重に見極めましょう。期待する効果や成果が見込めるかどうかを精査し、コストに見合った価値を提供できるコンサルタントを選ぶことが重要です。

高い費用対効果を引き出すためには、具体的かつ実現可能な解決策が提供されるかどうかがカギとなるでしょう。大きな予算をかけたにもかかわらず、実行レベルにはほど遠い机上の空論のような戦略が提示されるケースもあるため、注意が必要です。

信頼性と実績

信頼性と実績は、店舗コンサルティングを選ぶうえでもっとも重要な要素の一つです。担当者レベルで長年の実績や豊富な成功事例を持つコンサルタントを選ぶことで、安心して依頼できます。企業として実績があっても、自社に就いた担当者に業界経験がほとんどなかったという事態は避けたいところです。

他企業からの推薦や口コミも信頼性を確認する手段として有効です。例えば、同業他社の紹介や実績があるコンサルタントに依頼することで、より質の高いサービスを受けられる可能性は高くなるでしょう。 

店舗コンサルティングの落とし穴・注意点

ここでは、実際に店舗コンサルティングを依頼するにあたって注意すべきパターンを見ておきましょう。

  • 有効な解決策が出せない
  • 実現性の低い計画になってしまう

上記2つのよくある落とし穴について、それぞれ解説します。

有効な解決策が出せない

1つ目は、せっかくプロのコンサルタントに依頼したにもかかわらず、有効な解決策が出てこないパターンです。コンサルタントの専門性や業界知識が不足している場合、具体的で実現可能な解決策を出すことができず、自社でも立案できるような内容になってしまうことがあります。

一般論や教科書的なアドバイスしか提供されない場合、コンサルタントが提供する解決策としては不十分だといえるでしょう。そのため、コンサルタントがどれだけ自社の業界や市場に詳しいかを事前に確認することが大切です。

実現性の低い計画になってしまう

コンサルタントからそれらしい結論は導き出されたものの、実は実現性の低い計画だったというパターンもあります。戦略は立派でも、実行するハードルが高く、現実的ではない計画になっており、実行につながらないというケースは少なくありません。コンサルティング内容に実行支援を含まない場合、このような落とし穴にはまってしまう可能性があります。

契約内容に実行支援も含まれているかどうかを事前に確認し、一緒に伴走してくれるようなサービスを選ぶのがよいでしょう。実行支援まで含まれていれば、提示されるアクションプランも現実的かつ具体的なものとなり、店舗経営の改善に直結しやすくなります。

店舗コンサルティングなら「Chain Consulting×ABILI」

Chain Consulting」は、Chain Consulting(チェインコンサルティング)は、 サービス業の持続的成果創出に特化したコンサルティングの専門集団です。多拠点サービス業の経営支援プロフェッショナルが、独自ノウハウとチェーンストアビジネスに特化したプロダクトを活用しながらスピーディーで確実な財務成果創出を担います。
また戦略策定にとどまらず、サービス業の課題解決に特化したシステム「ABILI」を活用した実行支援とその後のモニタリングまで対応可能です。ABILIは多拠点ビジネスに特化したダッシュボードや動画型実行マネジメントシステムを提供しており、戦略立案後の実行をあらゆる面でサポートできます。

「Chain Consulting×ABILI」では、主に以下4つの取組みや支援が可能です。

  • 戦略コンサルティング
  • 業績向上と効率化
  • 店舗販管費コントロールによる利益率向上
  • マーケティングと販売戦略

まずは「戦略コンサルティング」として、長期的なビジョンや目標を考慮したうえで戦略の策定や実行支援を行います。業界分析や競合分析を通じて、競争力を向上させるための戦略的な提案と実行支援を提供します。また、競合他社の動向を分析し、強みを活かした差別化戦略を提案することが可能です。中長期経営計画作成などのご支援も可能です。

次に、「業績向上と効率化」に向けて、収益増加やコスト削減のためのプロセス改善、効率化プロジェクトの管理、リソース最適化などに取り組みます。仕入れや物流価格最適化による店舗粗利率向上などもこちらに含まれます。また、業務フローの見直しや自動化ツールの導入などにより、業務効率を大幅に改善することが可能です。

さらに、「店舗販管費コントロールによる利益率向上」では、アルバイト人員の最適化(売上別標準シフトとオペレーション・教育パッケージの設計など)や水道代・光熱費・賃料などの削減、店舗・本部業務の人員最適化などを実行します。例えば、ピーク時のシフト管理を最適化することで、人件費を削減しながらもサービス品質を維持することが可能です。

「マーケティングと販売戦略」の領域では、マーケット分析や顧客セグメンテーションを通じて、適切なマーケティング戦略や販売戦略を策定します。具体的には、リピート率の改善や訴求力向上による客単価向上などが含まれます。ターゲット顧客に対する効果的なマーケティングキャンペーンの実施や新商品・サービスの開発支援も行います。

これらの総合的な店舗コンサルティングにより、戦略立案にとどまらない本質的な経営改善が可能となります。

「Chain Consulting」について詳しくはこちら

まとめ

本記事では、店舗コンサルティング選びのポイントと、依頼時の落とし穴・注意点について解説しました。

店舗コンサルティングを選ぶ際には、「専門性と経験」「提供サービス」「コストと効果」「信頼性と実績」の4つをしっかりと確認することが大切です。適切なコンサルタントを選ぶことで、具体的かつ実現可能な解決策を得られるでしょう。

組織戦略と実行を担う経営改革プロフェッショナル「Chain Consulting」なら、戦略策定から実行支援、その後のモニタリングまで包括的にサポートを受けることが可能です。店舗ビジネスの成功に向けて改善に取り組みたい方は、ぜひお気軽にご相談ください。

サービス詳細や導入事例はこちら
お問い合わせはこちら

人気記事ランキング

タグ一覧

プライバシーマーク
ClipLineは「プライバシーマーク」
使用許諾業者として認定されています。